大腸がんのすべてがよくわかる

大腸がんチェック

大腸がんは一定の年齢や生活習慣・体型などが原因で発生リスクが高くなるという統計があります。

大腸がんのリスク要因となる主な項目として下記のようなもの考えられています。

・40歳以上
大腸がんチェック・大腸がん検診を定期的に受けていない
・飲酒習慣(定期的にかつ多量に飲むほどリスクが高い)
・喫煙習慣(継続した喫煙習慣がある)
・肥満(肥満度が高いほど大腸がんのリスクが高い)
・運動習慣が乏しい
・肉(特に赤身肉)や加工肉(ハム・ソーセージなど)をよく食べる
・野菜や繊維質のものをあまり食べない

40歳を過ぎると大腸がんの罹患率が高くなるということから、国内では40歳になると1年に1度程度大腸がん検診が勧められています。
 

スポンサードリンク

大腸がんの症状からわかるチェックシート

大腸がんの代表的な症状を元に確認できるチェックシートがあります。

□ 大便に血液が混じる・血液が付着する・ということがある
□ 血便が出る
□ 下痢と便秘を繰り返すことがある・しぶり腹がある
□ お腹が張る感じがすることがある・おならが出にくい
□ 大便が細くなった
□ 大便がすっきり出ない・残っている感じがすることがある
□ お腹にしこりを感じる
□ ここ数か月で急に体重が減った

上記の項目にチェックが複数ある場合、大腸がん検診を受けるか医師の診察を受けることが勧められています。
 

スポンサードリンク