大腸がんのすべてがよくわかる

大腸がん検診(検査)

検診とは症状のない人が検査を受けて、がんの可能性を調べるためのものです。まずは体に負担の少ない方法から行うのが一般的です。

最も体や費用面で負担が少なく、簡単に行なえるのが便潜血検査と問診になります。この検査で問題が見つかると詳細な検査を受けることになります。

■問診の内容
大腸がん検診大腸がんの症状の有無、生活習慣や食習慣、家族(血縁者)の大腸がんの罹患歴などが問われます。

大腸がんの症状には、血便・下痢や便秘・便線が細いなどの便通の異常・体重減少などがあり、普段このような症状の自覚がないかのチェックがされます。

■便潜血検査
大腸がんの主な症状の一つに血便があります。血便は目で見て確認できるものから、肉眼では確認できないものもあります。

便潜血検査では、目に見えない少量の出血も検出することが可能になります。体への負担はありませんし、安価に早く結果を出せることから最も多用されている検査になります。
 

スポンサードリンク

大腸がんの詳しい診断に用いられる検査

大腸がんが疑われた場合、確定的な診断するための下記のような検査が行われます。

・直腸指診
・注腸造影検査
・内視鏡

■直腸指診
医師が肛門から直腸に指を入れ、しこりの有無や直腸粘膜の様子を指で触れて調べます。数分の検査になり、進行した直腸がんの場合、この検査でも見つかることがあります。

■注腸造影検査
肛門からバリウムと空気を注入し、レントゲン写真を撮る検査になります。検査の準備として前日から検査用の食事と下剤などを使って腸をきれいにしておきます。

粘膜の表面のがんの大きさや位置、腸の狭くなっている部位等の程度を知ることができますが、粘膜内の早期がんや小さいがんは見つけにくい検査だと言えます。

■大腸内視鏡検査
検査前日から当日にかけて下剤を服用し、大腸をきれいする必要があります。肛門から内視鏡を入れる検査で大腸を直接見ることができます。

ポリープなど組織を採取する診断が可能なことから、がんの深達度や確定診断に重要な検査になります。鎮痛剤を使用する施設が多くなり苦痛なく検査を受けることも可能です。

注腸造影検査よりも診断が確定的なので優先して行われることが多い検査になります。但し、腸の状態や長さによっては検査が難しい、または大腸の全てを見れない場合があります。
 

さらに詳細な大腸がんの検査

大腸がんと診断されると、腫瘍の位置やリンパ節・腹膜・他の臓器への転移の有無の確認をするため、下記のような検査を行っていきます。

・CT検査(胸部・腹部・骨盤など)
・MRI
・腹部超音波
・PET
・腫瘍マーカー

■CT検査・MRI検査
肺・肝臓・腹膜・リンパ節や周辺臓器への転移の有無を確認のために行われます。CT検査では放射線によって体の断面を撮影することができます。

もう一つのMRI検査では磁気によって体の断面を撮影します。CT検査よりも柔らかい組織を細かく見るのに適していますが、音が大きく20分程じっとしていなければならないという短所があります。脳転移が疑われる場合、頭部のMRI撮影をすることがあります。

■腹部超音波
主に肝転移を調べるために行われます。超音波のプローブをお腹に当てて行いますが、苦痛の少ない検査です。

■PET(PET-CT)
転移や再発を調べるための検査です。放射性物質を注射し全身への取り込みの様子を撮影するため、全身の細かながん細胞の分布を見つけることができます。

■腫瘍マーカー
腫瘍マーカーは採血検査となり、大腸がんの指標としてはCEAやCA19-9が用いられています。がん検診で取り入れられている施設がありますが、必ずしも検査結果とがんの存在は一致しない場合があります。

腫瘍マーカーは継続的に測定することが大切だとされていて、再発の発見や抗がん剤などの治療効果の判定の一つの指標として使われることが多くなります。
 

スポンサードリンク


同ジャンル・関連ページ

大腸がんチェック

大腸がんチェック

大腸がんの遺伝子検査

大腸がんの遺伝子検査