大腸がんのすべてがよくわかる

大腸がんの症状・初期症状

大腸がんの進行は一般的に緩やかな場合が多く、粘膜の中だけにがんが発生している初期状態ではほとんど症状はありません。

しかし、進行して粘膜上でしこりになってくると大きさによっては症状が出てきます。

大腸の粘膜に深く進行してくるとリンパ節や腹膜に転移したり、血流に乗って、肝臓・肺・脳などへ転移すると部位によって様々な症状が現れはじめます。
 

スポンサードリンク

大腸がんの主な症状

大腸がんの症状では、大便や便通の異常に関係したものが多くなります。

大腸は自分から見て、右下から時計回りに円を描くように左下に向かって走行している器官です。

右側の結腸付近の大便はのような状態となり、大腸を進むにつれ固形になっていくため、右側の結腸に腫瘍があると症状に気付きにくいことがあります。

大腸がんの主な症状には以下のようなものがあります。

・血便、下血、貧血
・下痢と便秘の繰り返し
・便が細い
・便が残る感じ
・お腹が張る、おならがすっきり出ない
・しぶり腹(大便をしたい感じがあるが出ない、あるいはおならしか出ない)
・腸閉塞
・腹痛
・腰痛
・体重が急に減る、急激に痩せる
・お腹にしこりを触れる

■血便・下血・貧血
がん組織は表面がもろいことが多く、大便が触れることで出血し血便や下血が起こることがあります。

大腸がんの症状右側の結腸にがんができた場合、血便に気付きにくいのですが、左側の結腸や直腸や肛門にできると固形になった大便の表面に出血が付着することがあります。

しかし、出血量が少量時には便の色に変化がみられないこともあるので注意してください。

血便に気付かずに長期間を過ごしていると、貧血や血液検査で発覚されることがあります。

よくと感違いされる人がいますが、血便が続く時には詳細な検査を受けることが勧められます。

■便通の異常
下痢と便秘の繰り返し、便が細い、便が残る感じ、おなかが張る、おならがうまく出ない、しぶり腹などの便通異常は、腫瘍による腸の通過障害が疑われます。

このような通過障害が酷い場合、腸閉塞を起こす可能性があります。腸閉塞とは腸内で大きくなった腫瘍によって、大便で詰まってしまう状態です。

長期間の便秘・お腹の張り・腹痛・吐き気・嘔吐・発熱などの症状が現れます。

■腹痛・腰痛
大腸がんによる腹痛は、先ほど挙げた排便の異常を伴って起こることがあります。がんが粘膜下に進行したり、リンパ節・腹膜・肝臓等に転移すると腹痛や腰痛を訴える人がいます。

■急激な体重減少
急激というのはダイエットもしていないのに数か月で数㎏、時には数十㎏も目に見えて痩せるというような状況です。

これは食事から得られる栄養分等を、がん細胞が吸収してしまうことが原因となります。
 

大腸がんの転移による症状

大腸がんが粘膜の下に進行する、または血流に乗ることでリンパ節・腹膜・肝臓・肺・脳などに転移しやすくなります。

■リンパ節や腹膜への転移による症状
腹痛や腰痛、腸を圧迫することで便通異常の症状などが現れます。

■肝転移による症状
疲れやすい、微熱が続く、腹痛、腰痛、血液検査での肝機能系データの悪化などがあります。

肝臓も「沈黙の臓器」と言われる臓器ですので、症状に気付きにくいのが特徴です。

■肺転移による症状
咳(主に空咳)、血痰、喀血、息苦しさなどがあります。

■脳転移による症状
脳に転移した腫瘍の場所や大きさにより、症状は異なってきます。

頭痛・嘔吐など部位によっては、痙攣(けいれん)・手足のしびれや麻痺・言語障害などの症状が現れることがあります。
 

スポンサードリンク